バースセンターとは

産婦人科助産院里帰り出産福岡県北九州市

Home > バースセンターとは > バースサポーター
バースセンター外観
九州バースセンター うばがふところの
バースサポーターについて

バースサポーターとは

バースサポーターとは単なるボランティアではありません。
お産をする神聖な場所に医療従事者以外の女性がサポートに入る心構えとして、
分娩:Deliveryのサポーターではなく、誕生:Birthのサポーターであると認識し、
昔、向こう三軒両隣で助け合いながら、お産や子育てを地域で応援していた時代の、人と人の絆を大切にしていた時代の良さをバースセンターで実践するお手伝いを柱に
「バースセンターから始まる!新しい絆づくり」を目指し活動しています。

バースサポーター活動内容

現在、様々な個性と資格をもつサポーターが、産前・出産・産後のお母さんと赤ちゃん、そして、そのご家族全員がリラックスして出産・育児ができるよう助産師さんの指導のもと、工夫をこらしたサービスを提供しています。
具体例として・・・
出産前から「耳ツボ」や「足ツボ」などをほぐしながらコミュニュケーションをとり、出産時も医療行為以外の様々なことをお手伝いさせていただいています。 主に、アロマで体をほぐしたり、温めた方がよい場合は温灸やホットパック、冷やした方がよい場合は冷たいタオルで頭を冷やしたり、団扇であおいだり、他にも付き添いのご家族のサポートや託児など・・・
出産する産婦さんを様々な方法で励まし、応援しています。
産後もコリをほぐしながら身近な話しなども伺え、子育てのアドバイスや病院や保育園、子育てサークルの情報などお伝えしています。
他にもバースセンター内の清掃や畑づくりなど、活動は多岐にわたり、最年少は小学生から幅広い年代のサポーターがここで活躍しています。

バースサポーター効果

バースサポーターと同じような取り組みが、アメリカなどの諸外国で「ドゥーラ」と呼ばれ活躍しています。
ドゥーラが付き添ったお産の場合、分娩時間の短縮、オキシトシンの使用量が減る、柑子分娩が減る、出産時の合併症が減る、産褥熱の頻度が減る、といったデータが出ています。
また、出産後の夫婦の関係についても、出産後自分達の関係が良くなったと報告した母親の率は、ドゥーラ無しの母親に 比べ2倍以上の率になっています。(参考:マザリング・ザ・マザー/メディカ出版) 日本においても国立小児病院名誉院長・東京大学名誉教授の小林登先生が「ドゥーラ効果」とし、ドゥーラの存在が母乳分泌や周産期の母親に良い影響を与えることを強調しています。
参考記事 http://www.crn.or.jp/LIBRARY/KOBY/KOSODATE/cbs0013.html

実際バースセンターでお産をされたママ達からも、バースサポーターの心づかいや励ましが、嬉しかったという声やツボ押しのおかげで前回のお産より楽だったという声、また、パパ達やご家族からも大変感謝して頂き活動の励みとなっています。 もう一つの効果として・・・ この活動を通して、バースサポーター自身も「自らの子育てや家庭のあり方を見直す機会を得ることができ、家族や地域との新しい繫がりを深めることができた。」 「活動に賛同して下さる大学や医療の有識者の方々から様々なことを学ぶことで、世界が広がった。」「子どもがひとりっ子なので赤ちゃんや小さいお子さんをお世話させて頂く機会をもてたことに感謝しています。」という喜びの声と・・ そして、何よりお母さんや赤ちゃんから感謝の言葉や笑顔を頂き、『感謝の気持ちで活動できる喜びこそが一番の宝物』になっています。

広げようバースサポーター活動

バースサポーターが活動している施設「うばがふところ」の名前は、安産の神様である豊玉姫(とよたまひめ)と子育ての神様である玉依姫(たまよりひめ)の伝説が残る神事の場所から頂戴したそうですが、暖かくて包まれるような響きがあり、うば=乳母又は姥、ふところ=懐と書くことから、バースサポーター発祥の地にふさわしい名前であると一同誇りをもって活動しております。
今後は様々な地域でバースサポーターが活躍することで、地域の絆も深まり、ふるさと再生にも繋がるという、大きな志を持ち日本中にこの活動が広がることを願って活動していきます。

九州バースセンター余白
九州バースセンター余白